お灸(きゅう)のすえ方、治療方法

灸治療の方法には、お灸(きゅう)のすえ跡を残す有痕灸(ゆうこんきゅう)とすえ跡を残さない無痕灸(むこんきゅう)があります。

有痕灸

有痕灸には、透熱灸、焼灼灸、打膿灸などがあります。
それぞれのお灸治療方法を、見てみましょう。

透熱灸

灸のすえ方(透熱灸) 透熱灸は、一般的に広く行われている灸法で、糸状、半米粒大などもぐさを小さくひねって、皮膚上の一定点に適量施灸します。

焦灼灸

焦灼灸は、施灸部の皮膚や組織を破壊してします灸法です。ウオノメ、イボなどに直接しかも反復して施灸する事で、組織を破壊してかさぶたになって剥がれ落ちるまで繰り返します。

打膿灸

打膿灸は、大きなもぐさを使用して、皮膚を火傷させます。灸跡に樹脂膏その上で絆創膏を貼るなどして、化膿を1~1ヶ月半ほど持続させ、その間、経穴(つぼ)への灸刺激が持続します。お灸の効果が長続きするのは良いのですが、施灸後の炎症が強く、感染症を起こしたり、皮膚の深部までケロイド状の火傷を残すので、皮膚がんなどへの不安などから、最近ではあまり用いられなくなりました。

無痕灸

灸痕を残さないように、強い熱感を与えないお灸の方法です。火傷跡が残らず穏やかに熱刺激を皮膚に伝達させて、効果的な生体反応を期待することができます。

隔物灸

灸のすえ方(隔物灸) 燃焼するもぐさと皮膚の間に、物を挟んで施灸する方法で、間に挟む物体によって名前が付けられています。ニンニク灸、ショウガ灸、塩灸、ニラ灸、墨灸などがあります。

温灸

温灸器  もぐさや棒もぐさ、電気式の発熱体を持つ温灸器などを用いて、赤外線や遠赤外線などを皮膚に当てて、身体に温熱効果を与える灸法で、中国では灸よりこちらの温灸療法を用いることが多いようです。日本では、びわ温灸などが有名です。