がんと養生法

1.末期がんから生還した人たち

がんと養生法

末期がんから生還した人が一番に挙げたの理由は? 現代医学のがん治療といえば、手術・抗がん剤治療・放射線治療が三大療法として知られていますが、末期がんから生還したサバイバーが、がん克服に挙げた一番の理由は考え方を変えたこと […]

2.がんの原因

がんと養生法

なぜ人はがんになるのか 過労や心労は交感神経の異常緊張を起こし、その結果、血流障害(低酸素状態)、冷え、慢性炎症を起こすと共に、免疫力が低下し、がん細胞住みやすい環境を作ってしまいます。 原因は、低酸素と冷え この疑問に […]

3.がん治療と東洋医学

がんと養生法

東西医学の病気(がん)の考え方の違い 西洋医学は、心と身体を切り離して身体を機械のごとく要素に分解し病気の原因を診断し治療を行いますので、効き目はシャープですが副作用も起こります。一方、東洋医学は心身を一つの有機体と捕ら […]

5.がんと呼吸法

がんと養生法

がん養生法として大切な呼吸法 東洋医学でも重要視されてきた呼吸法は、呼吸法は精神の安定、自律神経を調整することができ、リンパ球などの免疫系の活動も活発になりますので、がん養生法としてもとても大切です。 東洋医学では呼吸法 […]

6.がんと食事養生法

がんと養生法

● 西洋栄養学による食習慣の欧米化が、がんの原因を作る  私が生まれたのは1960年ですが、60年以前と、現在の日本人の食事を比較してみると、大きな違いが見られます。まず、高たんぱく高脂肪化が進んだことと、食物繊維の摂取 […]

7.がんの養生法 運動

がんと養生法

● がんの運動療法、まずはウォーキングから  がんを患っていても体力があるなら、適度な運動も必要です。私たちのからだは、元々、野生の動物と同様、きびしい飢餓の環境ででも生き延びていけるようにできています。必要以上に食料を […]

8.がんと操体法

がんと養生法

● 操体法とは  操体法(そうたいほう)は、仙台の医師 橋本敬三先生が鍼灸などの東洋医学や、民間に伝わる整体などの様々な物理療法を研究した結果、得られた運動療法であますが、養生方法で本質を的確に捉えており、がんの養生方法 […]

9.がんと温冷浴

がんと養生法

● 自律神経訓練法 温冷浴  現代人が、交感神経緊張型となっている原因は、単にストレスフルな社会生活を送っているからだけではありません。  文明の進歩により、殺されるとか、飢え死にするとかといった生命の危険を直接感じる経 […]

10.がんと生活リズム

がんと養生法

● 生活のリズムとがん  大自然にはさまざまなリズムがあります。1日24時間の中では昼と夜のリズムや満潮干潮のような潮の満ち引き、1年365日の中では四季のリズムなどがあります。脈拍や呼吸など、身体にも色々な効リズムがあ […]

12.がんと生活環境

がんと養生法

● がんと生活環境  自分自身を取り巻く環境には、人間関係、家庭の環境のような社会的環境や、職場の環境、住まいの環境のような生環境などがあり、そこで生活する人の健康に大きな影響を与えます。  尊敬できる人たちに囲まれて笑 […]

13.がんとサプリメント

がんと養生法

● がんとサプリメント、一物全体食  これまでお話してきましたように、がんをはじめ様々な慢性病の大きな原因の一つは、食生活の変化にあります。  現代人の食生活を見ますと、冷凍食品などの加工食品や精製された食品が圧倒的に増 […]

ページの先頭へ