病名別 漢方薬の解説

18-5.夜間頻尿漢方薬 5

病名別 漢方薬の解説

日本東洋医学雑誌に投稿された「夜間頻尿に対する牛車腎気丸の効果」の研究論文の中で、排尿状態が日常生活に与える影響、夜間頻尿に限定したQOLの改善度、睡眠時間、実際の夜間尿量などの項目について、牛車腎気丸服用でどれだけ改善するかを解説します。

18-1.夜間頻尿の漢方薬 1

病名別 漢方薬の解説

超高齢化社会を迎え、高齢者にとって夜間頻尿が生活の質を低下させる大きな原因となっています。漢方薬で、夜間頻尿を改善するためには、腎を補うと共に、肺や脾の働きを良くすることが必要です。これから5回に渡って夜間頻尿に対する漢方治療について解説します。

15.眼科疾患漢方薬(眼精疲労、麦粒腫、ドライアイ、近視、結膜炎、白内障、緑内障、糖尿病性網膜症、角膜ヘルペス、ぶどう膜炎、黄斑変性症など)

病名別 漢方薬の解説

高齢化やIT機器の普及による眼の負担で、白内障、緑内障、黄斑変性症など、眼の病気が増加の一途を辿っています。そこで、現代医学の眼の病気の捉え方と現代人の眼科疾患に有効な漢方処方について解説します。

14.虚弱体質漢方薬 (倦怠感、肩こり、胃腸虚弱、不眠、病気が長引く、咳・喘息・アトピー性皮膚炎などアレルギー体質、糖尿病、ガン体質、免疫力低下など)

病名別 漢方薬の解説

高齢化、虚弱化する日本人。虚弱体質が増え、生活習慣病、がん、アレルギー疾患が増え病気を長引かせています。そんな虚弱体質を改善する現代人のための漢方薬について解説します。

13.高血圧症漢方薬 (本態性高血圧、腎性高血圧、動脈硬化、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、くも膜下出血など)

病名別 漢方薬の解説

高血圧の患者数は急速に増え続けていますが、高血圧症は放置しておくと心臓病や脳卒中、腎臓病などの生命に関わる合併症を引き起こします。現代医学の高血圧治療と現代人向け高血圧対策ための漢方薬について解説します。

12.皮膚病の漢方薬(アトピー性皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、皮膚掻痒症、にきび、シミ、いぼ、水虫など)

病名別 漢方薬の解説

「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、今起きている皮膚のみが悪いのではなく内臓の異常や体質も大きく関与しています。アトピーなどの皮膚病を治すには一枚のガラス(皮膚)を両面から磨くように内側の内臓と外側の皮膚の両方を治療する必要があります。皮膚病の漢方薬について解説します。

11.風邪の漢方薬 (インフルエンザ、普通感冒、咽頭炎、気管支炎、肺炎、ノロ、マイコプラズマなど)

病名別 漢方薬の解説

「風邪は万病のもと」とよく昔から言われる通り適切な治療を怠るとこじらせて、肺炎や中耳炎、副鼻腔炎等の合併症を引き起こすので、早めの治病対策が必要です。現代医学の風邪治療法と現代人の体質に合った漢方治療法について解説します。

10.痛みしびれの漢方薬(神経痛、リウマチ、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝の痛み、五十肩、頸椎症、頸肩腕症候群、三叉神経痛、肋間神経痛、繊維筋痛症など)

病名別 漢方薬の解説

痛い、しびれる、だるいは身体の故障信号。神経痛、リウマチ、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝の痛み、五十肩、頸椎症、頸肩腕症候群、三叉神経痛、肋間神経痛など、これから益々増える痛みの病。痛みについて現代医学の治療方法と漢方薬での治療方法について解説します。

ページの先頭へ