東洋医学って何?

一般に東洋医学とは、東洋で発祥した伝統医学のことを指します。明治以降西洋医学が正統医学となり、西洋に対して東洋ということで、それまでの正統医学であった漢方薬や鍼灸などの日本の伝統医学を東洋医学と呼ぶようになったようです。

日本の伝統医学は、中国伝統医学がベースになっておりますが、現在の漢方処方のベースになっているのは、江戸時代の中期に起こった古方派と呼ばれる流派による処方です。この流派の医家達は、傷寒論や金匱要略を高く評価していました。

古方派の原典、傷寒論

[toyoigaku]