不妊と養生法

2.高温期の排卵は卵子の老化

不妊と養生法

排卵は、低温期の最終日または基礎体温が上昇する直前に起こるとされていますが、実際には、高温期の初日に排卵することが25%もあり、高温期に排卵された卵子は、成熟しすぎて老化していることが多く不妊の原因となります。

9.不妊症に対する養生法

不妊と養生法

不妊症の原因を解決するための具体的な養生法として、性交渉のタイミングを図る、強いオルガスムスを得る、下腹部の血液循環を妨げない、ビタミンミネラルの豊富な食事を心がける、タバコ、アルコールは避ける、男性は精巣温度が上昇しないように、漢方薬服用、針灸治療で健康な母体づくり、そしてびわ温灸による骨盤内蔵器の血流改善をお薦めします。

ページの先頭へ