三砂堂漢方

大阪府堺市の三砂堂漢方東洋医学研究室が、
漢方薬、美容鍼灸、びわ温灸、
がんと養生法、不妊などについて、
科学的根拠に基づいた信頼性の高い
健康情報を提供しております。
何をやっても良くならない、
まあこんなものだろうと
あきらめているあなたへ
一度、三砂堂漢方に
相談してみませんか?

1.受精の成功率は84%、出産はわずか30%

不妊と養生法

荻野式排卵予定日

2.高温期の排卵は卵子の老化

排卵は基礎体温が上昇する直前に起こるとされていますが、高温期の初日に排卵された卵子の場合、成熟しすぎて不妊の原因となることがあります。大阪府堺市の三砂堂漢方が、高温期の排卵とと不妊の関係について解説します。
月経周期と膣内粘液の変化

3.膣・子宮内の環境悪化も不妊の原因に

排卵を誘発する脳下垂体からのLH分泌は、膣や子宮頚管内の粘液分泌を促進しますが、人工授精や体外受精はLH分泌がないので粘液分泌も少なく、子宮や膣部での精子の環境を悪化させます。大阪府堺市の三砂堂漢方が、膣内の環境と不妊の関係について解説します。
射精された精子群の受精能力の推移図

4.精子の老化と不妊

精子が受精して発育する能力は48時間、排卵してからの卵子の生存期間は12時間~24時間ですので、受精タイミングの延長や排卵日の遅れは不妊の原因になります。大阪府堺市の三砂堂漢方が、受精タイミングと不妊の関係について解説します。
母親の宗教と異常児出生の関係

5.卵子の老化と不妊

卵子の老化は不妊やダウン症の原因になりますので、老化していない元気な精子と卵子が受精出来るようなタイミングが大切です。大阪府堺市の三砂堂漢方が、卵子の老化と不妊の関係について解説します。
妊娠周期

6.受精卵保有エネルギーの低下と不妊

妊娠初期の2週間は、外胚葉・中胚葉・内胚葉が分化して各器官が作られるかが決まる大切な時期ですが、卵の保有エネルギーが不足すると初期分化できす不妊になります。大阪府堺市の三砂堂漢方が、卵の保有エネルギーと不妊の関係について解説します。
女性ホルモンの調節機構

7.女性ホルモン失調による子宮内膜・胎盤の環境悪化と不妊

生活習慣が乱れ、腹腔内臓器の血液循環が悪化して女性ホルモンの失調が起こると、子宮の働きが低下して子宮内膜・胎盤の環境を悪化させるので、不妊の原因になります。大阪府堺市の三砂堂漢方が、女性ホルモンの失調と不妊の関係について解説します。
不妊

8.不妊原因のまとめ

器質障害のない不妊の原因は、高温期の排卵による卵子の過成熟(老化)、子宮内粘液分泌の低下、卵子の保有エネルギー不足と子宮内膜の異常の5つに集約できます。大阪府堺市の三砂堂漢方が、器質障害のない不妊の原因について解説します。