東洋医学

2.東洋医学の歴史

東洋医学

東洋医学が中国の伝統医学がはじめてら日本に伝えられたのは6~7世紀頃で、以降時代と共に日本人の体質に合うよう独自に発展し、江戸時代に傷寒論をベースにした古方派によって漢方医学として確立されしました。

3.日本の漢方(古方派)とは

東洋医学

今日、日本で普及している東洋医学は、古方派と呼ばれる伝統的な日本漢方の流れをくむものが主流になっています。方証相対といって、病気の理論は排除して自覚症状と他覚症状のみから、治療方法を決定するシンプルで実利的な手法が用いられました。

4.中医学とは

東洋医学

中医学とは中国の伝統医学をことを指し、陰陽学説・五行学説など古代自然観に基づく中医基礎理論と、数千年間の膨大な臨床経験の蓄積によって築き上げられています。この中医学について解説します。

5.神農本草経薬医学とは

東洋医学

神農本草経薬医学は、故高橋穂人先生によって提唱された漢方医学で、これまで単なる薬学書と考えられきた神農本草経に治療体系が記述されていることが見出されました。神農本草経薬医学について解説します。

ページの先頭へ