病名別 漢方薬の解説(2 / 2ページ目)

6.痔の漢方薬(いぼ痔、切れ痔、痔瘻、脱肛、肛門周囲膿瘍、ポリープなど)

病名別 漢方薬の解説

痔は肛門周辺部位に起こる病気ですが、その原因には肝臓の炎症に伴う門脈のうっ血など、体内の様々な臓器が関連していますので、本来は内服薬によって治す病気です。肝臓に負担の掛かった現代人の体質に合った痔の漢方薬について解説します。

5.便秘の漢方薬

病名別 漢方薬の解説

便秘は女性に多く、血行不良にも原因があり、安易に、下剤に頼り過ぎると腸の働きも弱らしてしまいます。漢方薬で、血行改善、胃腸機能の改善などを行って、便秘を根本的に改善する方法を解説します。

4.婦人科系漢方薬(不妊症、不育症、生理痛、更年期障害、内膜症、子宮筋腫、冷え性など)

病名別 漢方薬の解説

婦人科系疾患の多くは、どのような症状であっても、基本的には、女性病体質が原因となっているため”血”(血液・ホルモンの働き〕の乱れを調整すれぱ治ると考えれば良いものです。 現代女性の婦人科疾患の特徴と、体質に合うの漢方治療法について解説します。

ページの先頭へ