夜間頻尿に対する牛車腎気丸の効果

日本東洋医学雑誌に投稿された、「夜間頻尿に対する牛車腎気丸の効果」について、引き続きご紹介します。
前回は、国際前立腺症状スコアを指標に、牛車腎気丸の効果を調べた結果、尿が近い」、「夜間排尿のために起きる」、「尿がもれる」などの畜尿症状が改善することをお話ししました。
今回は、牛車腎気丸服用で、日常生活がどの程度改善されるかをご紹介しましょう。

牛車腎気丸での主観的症状の改善は?

キング調査票で見た、排尿状態が日常生活に与える影響の改善効果は?

牛車腎気丸を服用した結果、排尿状態が日常生活に与える影響がどれだけ改善するかを調べました。

キング調査票による夜間頻尿に対する牛車腎気丸の効果排尿状態が日常生活に及ぼす影響を調べる調査方法として、キング調査票があります。牛車腎気丸を12週間服用の前後で、日常生活に及ぼす影響をキング健康調査票で調べた結果、表3に示すように、
「仕事・家事への影響」2.9から2.4へ有意に減少
「睡眠・活力への影響」3.8から3.2へ有意に減少
と2つの項目で、改善効果が見られました。

さらに夜間頻尿に限定した、牛車腎気丸の改善効果は?

夜間頻尿の日常生活に及ぼす影響を調べるには、夜間頻尿特異的QOL質問票を用います。
牛車腎気丸服用で、夜間頻尿による日常生活どれだけ改善したかを示すのが表4です。
夜間頻尿特異的QOL質問票による牛車腎気丸の効果牛車腎気丸服用前後で、

「翌日の活力低下」0.6から0.3へ有意に減少
「十分な睡眠が困難」1.9から1.2へ有意に減少
「有効な治療方法がないと心配」1.3から0.9へ有意に減少
「日常生活に支障」3.2から2.1へ有意に減少

と、13項目中4項目で、有意な改善が見られました。

牛車腎気丸での客観的症状の改善は?

牛車腎気丸服用で夜間尿量がどれだけ減少するのか?

牛車腎気丸服用に毎日排尿日誌を付けてもらい、夜間尿量が1日尿量に占める割合がどれだけ改善したか(NPI)を調べてみると

排尿日誌による牛車腎気丸の夜間頻尿改善効果43%から35%へと有意に減少

し、牛車腎気丸の効果として、夜間尿量の割合が減少することが分かりました。

牛車腎気丸服用で睡眠時間が増えるのか?

牛車腎気丸服用で睡眠時間が増えるのかを調べるために、睡眠後次に尿意で目覚めるまでの時間HUをも調べた結果、

1.8時間から2.8時間と有意に延長

されました。

牛車腎気丸は、高齢者の夜間頻尿を改善する救世主か?

夜間頻尿は、前立腺肥大や過活動膀胱に限らず、男女を問わず高齢者に良く見られる症状で、日常生活に大きな影響を及ぼす症状です。

スウェーデンの疫学調査では、夜間に3回以上排尿に行く高齢者の死亡率が2倍になることが示されています。この数値は年齢・性別・心疾患・糖尿病・脳卒中を考慮しての数値です。
また、2回以上の夜間頻尿によって転倒し骨折による寝たきりになるリスクは、2倍以上に増大することも報告されています。

牛車腎気丸を構成している生薬は?

牛車腎気丸は、八味地黄丸に血行を改善するゴシツと利水効果(細胞の水分代謝)を高めたシャゼンシという生薬を加えて、出来上がった漢方薬です。
八味地黄丸の構成生薬
ジオウ、サンシュユ、サンヤク、タクシャ、ブクリョウ。ボタンピ、ケイヒ、ブシ

ゴシツ、シャゼンシ

近年では、牛車腎気丸の糖尿病性神経症や認知症にも効果があることが確認されています。

牛車腎気丸は安全か?

超高齢化社会に入った日本人にとって、とても大事な漢方薬ですが、一方で副作用として胃腸障害も確認されています。

今回の臨床研究でも2名の患者が胃腸障害のために脱落しております。胃腸虚弱の人に用いると、胃腸機能が低下するばかりか、栄養が吸収できなくなって、さらに腎陽虚が進んで症状が悪化するとも限りません。

漢方薬は病名だけで安易に服用するのではなく、漢方に造詣が深い漢方専門店の先生に相談して服用されることをお勧めします。


漢方薬解説