三砂堂漢方

大阪府堺市の三砂堂漢方東洋医学研究室が、漢方薬、美容鍼灸、びわ温灸、がんと養生法、不妊などについて、科学的根拠に基づいた信頼性の高い健康情報を提供しております

何をやっても良くならない。こんなものだろうと諦めているあなたへ。一度三砂堂漢方に相談してみませんか?

臨床研究の道標

心の一冊「臨床研究の道標」

日々、漢方(湯液)や鍼灸臨床の現場で患者さんと向き合いながら、疑問に感じること、悩むことは数多くあります。そんな疑問を解決したい、漠然と研究して見たくなることが、しばしばあります。私は元物理屋でサラリーマン時代も研究職で […]
帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルスCOVID-19感染症について

新型コロナウイルスCOVID-19感染症については、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様、咳エチケットや手洗い、消毒などの実施がとても重要です。感染が疑われる場合は、帰国者・接触者相談センター等にご連絡願います。
全日本鍼灸学会大会

全日本鍼灸学会大会で美容鍼灸の臨床研究を発表しました

全日本鍼灸学会大会愛知大会におきまして、美容鍼灸に関する臨床研究についてポスター発表を行いました。美容鍼灸についてのエビデンス(科学的根拠)の確立も急務となっており、三砂堂漢方鍼灸院では、大学との共同研究を通じて、美容鍼灸のエビデンス確立を目指しています。
紫外線と肌のダメージ

紫外線対策は万全ですか?

太陽が最も近づく夏至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が短かくなるため、最も強い紫外線が頭上に降り注ぎます。UVAは真皮にまで侵入し光老化を起こし、UVBはサンバーンを起こします。十分な紫外線対策が必要です。
白色脂肪組織の減少効果

19.抗肥満漢方薬 その2

ジャコウ製剤、感応丸気は、正常な体重では体重や白色脂肪組織に影響を与えることなく、肥満傾向にある場合のみ、体重や白色脂肪組織を減少させ、代謝を高める褐色脂肪組織を増加させる漢方薬であることが分かりました。
香りの世界をさぐる

19.抗肥満漢方薬 その1

庄司政満らのの研究グループは、ジャコウ製剤の新しい薬理作用の研究を行い、褐色脂肪組織の温度上昇、抗肥満作用、抗高脂血症作用、抗ストレス作用などの新しい薬理作用があることを生薬学雑誌に発表しました。
日本未病システム学会誌

皮膚タルミ新規測定法の開発

日本未病システム学会雑誌へ原著論文の投稿 私が大学院で研究していた成果が、日本未病システム学会雑誌2019年Vol.25No.1に、原著論文として掲載されました。 論文の題名は、「皮膚タルミ新規測定法の開発-美容鍼灸介入 […]